家事嫌主婦美       (かじいや しゅふみ)

生活感丸出し!オシャレ感なし!                                エコ-時短-節約&ムリ-ムダ-ムラのない家事アイデアをひたすら追求する!

私、イジメには負けません!大人になっても人生はツラいが、私の年金のために生きてくれ!!

いつもはおふざけの多い当ブログだが、今日はちょっとマジメに語ってみよう。

なんてったって明日は新学期だからな…。

今ごろ明日からの登校がツラくなっている子もいるかもしれない。

このブログのおばちゃんは、そんな子がとっても心配なのだ…。

 

唐突だが、ナタリー・ポートマン出世作、「レオン」はご存知だろうか?

殺し屋のおっさんレオンと12歳のマチルダが、心を通わせながらの逃亡劇。

ラストに近いシーンは、映画史上トップ100位には間違いなく入る名作だ。

この映画の中で私がウルッと来たのはマチルダのセリフ、

「大人になっても人生はツラい?」。

 

それに対してレオンは確か「いつだってツラい」みたいなことを答えたと思うが、

すまん、マチルダ、私もかなりそう思う…。

 

私は小1の時に入学早々、隣と後ろの席の男子2人にイジメられた。

教科書に落書きされたり、イスを蹴とばされたり、髪を引っ張られたり、

オレの荷物を取って来いだの、鉛筆を折られたりだの…。

当時の私はクラスで一番背が低く、ビックリするくらいおとなしかった!

(その面影は今はいずこへ…?)

落書きされた教科書を見れば、先生も母も気付きそうなものなのに、

気付かないんだな〜、これが!

そして私も決してイジメのことを話さなかったし、話せなかった。

ツラくて苦しくて、仮病&ズル休みを確か2回した。

ただ、これは2学期に席替えがあって、すんなり解消された。

だが、私はお前らの名前を一生覚えているっ!!!

〇〇〇〇と×××、お前らのことは介護度5の認知症になっても、

ダンナの顔を忘れても、絶対に絶対に忘れてやらないからなっ!!!

私がFacebookでお前らを検索しないことをありがたく思えっ!!!

 

続いて小6。

この時は女子3人グループの時にイジメられた。

何がツラかったって、このメンバーで修学旅行に行ったことだ。

ハブられたままの状態での班行動…。

もうほとんど記憶がないのが幸いだが、楽しかった記憶もないから、

たぶん私の脳内で強制消去させたのだと思う。

これは私が担任のオキニだったことが、ボスキャラの気に障ったようだ。

ルール順守と協調性とまじめさを兼ね備えた私は(自分で言うか?)、

たぶん全ての先生から気に入られていたからな。

ボスキャラが嫉妬するのも仕方がない…フッ。

この時はある程度自分で物事を考えられる年齢だったため、

ボスキャラに愛想を尽かして、他のグループに新規加入した記憶がある。

 

これ以降、イジメられることはなくなり、

「凪のお暇」の高橋一生の如く、空気を読む能力を授けられたようだ。

アレはアレでしんどそうだけどね…あの立場、ちょっと分かるな~。

そして、高橋一生君…あなたの演技も素晴らしい✨

 

ところがである…。

イジメはなかったが、気の合わない人間はどうしてもいる!

サバサバ系と言えば聞こえはいいが、性格と言い方がキツくて、

気の小さい(?)私にはどうにもソリが合わない先輩が職場にいたのだ。

社会人になって初の配属先が彼女の下。

オドオドしてばかりの私にイライラするのか、怒られることばかり。

今までお利口さんで生きて来た私は、親以外に怒られたことはほぼなく、

「こんな怒りっぽい人とはやって行けない…」

と、くじけそうになる日々が続く。

いろいろあったが、1年後に人事異動でその先輩が離れたため、

私はやっとこさ息を吹き替えした=3

 

しかし、神は再び試練を与える…。

半年後、今度は私が異動になり、またしても彼女の下へ!!

ねぇねぇ何コレ、私、前世で彼女に何かしました?!

そして、イバラの道は続ーくーよー、どーこまでもー…♪

今日は何回怒られたっけ?などと数えながらチャリで帰る日々。

ついに限界を感じた私は、小学生以来の秘技、仮病を使う!

母より早く起きて、「お母さん、私、ゲロっちゃった…」。

(ホントは1mlも吐いてない…)

 

母は信じて疑わなかったようだが、医者にはバレた!

そらそーだよなー、胃カメラ飲まされて、嘔吐の痕跡なんてまるでない、

超絶キレイな胃袋が映し出されたら、仮病ってバレるわなー。

でも、私の捨てられたワンコのような涙目を見て

何かを悟ったらしいお医者さんは、

「胃けいれんか何かでしょう」と、診断名を出してくれた!

そして翌日もズル休みし、その間に悩み抜いて来た考えをまとめる!

それは、上司に直談判することだ。

 

さて、続きを読みたくなったイジメで悩んでいるそこのチミ達!

悪いがおばちゃんはアラフィフなんで、

毎日ブログ更新なんてできないんですよ〜。

だから、申し訳ないがあと1週間ほど待っていてくれたまえ。

その間は、仮病でも居留守でも使って、何とか生きながらえるのだ!

さすれば、私がグループラインで公開処刑されても

今なお生きながらえている話を聞かせてやろう。

アーハッハッハ!(バイキンマン?)

というわけで、See you next time!